復縁や再開ならRewind Agencyへ。元カレ・元カノと復縁したい、出会いたいなどお気軽にご相談ください。
復縁の具体例
元カレと復縁する方法
気持ちのズレを元に戻す

別れてしまった理由には気持ちのズレというものがあったはずです。
復縁を考えるにあたって、自分の気持ちだけを一方的に相手に押し付けても
一度ズレた気持ちは簡単には元に戻りません。
一方的に押し付けても相手が理解してくれるどころか余計に離れていくことが多いでしょう。
相手に対する気持ちは大切ですが自分中心の考え方はしないで
一度、彼の気持ちを考えることから始めましょう。

別れた原因を考える

復縁をする為には別れの原因を突き止めることから始めます。
必ずしもどちらかだけに原因があるケースは少ないからです。
相手の気持ちになってみれば、元彼の行動、発言が理解できるケースもあります。
原因がわかれば、そこから復縁にむけてのプロジェクトを考えていきます。

彼にとって自分のないマイナス点を直す

もともとお互いに惹かれあい、恋愛して付き合っていたわけですから
彼にとってあなたは理想から遠い存在ではないはずです。 

付き合っていく中でお互いの悪い部分が見えてきているはずです。

考え方を変えれば、より、彼の理想に近づけるチャンスなのです。
復縁を本気で考えているのならば努力は必要なのです。

相手から見た長所、自身が思う長所を考える

人には必ず長所と短所があります。しかしここでの長所は、自身が思う長所ではなく
元彼氏から見たあなたの長所を探していきます。
付き合っているとき、もしくは付き合うときなどに彼氏から
「こんなとこが好き」「こういうところに惹かれた」など聞いたことがあるかもしれません。

または付き合っている間、付き合う前などに彼のタイプなどを聞いた事があるかもしれません。

外見的にも内面的にも変わった元彼女を作ることが復縁にかなり効果的なので
復縁プロジェクト実行の際にはその時とは変わった自分も演出できます。

恋愛に対する行動力

交際期間は実際には関係ありません。
復縁を考えた時に大切なのは、二度と同じ事を繰り返さないように考えること
そして別れが二度と来ないように努力する事です。
元彼氏からみた長所を探し出したら、その長所を伸ばす努力をする。
短所を直すのは簡単にはいきません。

しかし、いくら長所を伸ばしてもあなたの短所が彼にとって大きなものであれば
せっかくの長所が台無しです。
少しずつでも構わないから短所を直す努力をする。
小さいことから始めていく事が大切です。

復縁プロジェクトを共に考える

別れてしまったけれども、本気で復縁を望んでいるからこそ
復縁プロジェクトを組み、一緒に復縁を実現させましょう。

恋愛の厳しさや復縁の難しさを知り
多くの御相談を受けている弊社の実績あるスタッフが復縁までの間
親身になって考え、最高のプロジェクトを遂行していきますので
共に復縁というゴールに向かっていきましょう。

弊社では、依頼者様の話しだけではなく、対象者の事前調査を行い
入念な打ち合わせのもと、プロジェクトを決めていきますので
対象者の性格、環境に適した復縁方法を共に考えていきます。

対象者と復縁できるようにキッカケを作り
復縁に繋がるように対象者とも良い関係を作らなくてはいけません。

まずは入念な打ち合わせが必ず必要ですので
あなたが叶えたい復縁方法があるならぜひお聞かせください。
本気で復縁を希望なら、復縁は夢ではありません。

元カノと復縁する方法
相手の気持ちを考える

別れてから元彼女の事が心配で、また自分が忘れられてしまうか気になる
新しい彼氏ができてしまい、新しい彼氏との現在の関係が気になる
そういった事で、何度も連絡してしまう人が居ますが
元彼女の気持ちを考えないでの行動はやめたほうがお勧めです。

時として時間が解決してくれる場合もあるからです。
言いかえれば時間しか解決できない事もあるからです。

たとえ時間がかかってもその時間があるからこその復縁の可能性も十分あります。
間違えた行動は、元彼女を遠ざけることになり、復縁に余計な時間がかかってしまいます。
二人が別れた原因などを冷静に考え、確実に復縁に向けて動いていきましょう。

元彼女と復縁するために知っておくこと

女性は一般的に男性より気持ちの切り替えしが早いと言われています。
付き合っていた時と同じ考えだと思っていると、復縁はかなり難しくなるでしょう。
自分中心の考え方で、反省し、復縁を迫ってもなかなかうまくはいかないものです。
経過した時間により、元彼女のあなたに対しての考え方、見方を知るべきです。
今現在の彼女の環境や考え方などを理解することから復縁は始まります。

女性は元彼氏とでも、友人として関係を保てる人が多いので
まずは連絡が気軽に取り合える仲になる事が大切です。
気軽に連絡を取り合える仲になっても焦ってアプローチをしすぎると
また不仲になりかねないので注意してください。

元彼女を知る

復縁を求めるにあたって、相手の気持ちを知るという事はとても大事です。
復縁が困難なケースもあるからです。

   相手が結婚している
   相手の心には「自分」存在していない
   相手の心には「新しい誰か」がいる
   相手には新しい恋人がいる

など、人によってケースはさまざまです。
元彼女の今を分析する事は、今現在の元彼女のタイプや好み
あなたと別れてから変わった部分が見えてくるからであり
復縁を求める際に大きな武器になるからです。

自分の反省点を考える

復縁を考えるにあたって、自分に対して、反省する部分を探していきましょう。
元カノにとってあなたは理想から遠く離れている訳ではありません。

しかし別れたからには何かしらの反省点があるはずです。
元カノが口に出さなかったとしても
自分には反省する点が全くないとういうケースはかなり少ないです。
元カノの性格を知っている訳ですから、冷静に考えれば見えてくるはずです。

別れた原因を考える

別れるときに、よほど一方的でなければ、別れる理由を聞いているはずです。
しかし注意が必要なのは言われた理由が
必ず本当の理由ではないかもしれないという事は注意してください。

別れた本当の理由は、本人しか解からないのですが
別れた原因をしっかり考えれば本当の理由も理解できるはずです。
復縁を求める気持がいくら強くても、原因を理解していなければ反省しても
あなたが変わっても結果はでません。

  「別れた本当の理由は・・・・」

すぐに答えられないと思います。

自分は全く悪くない
以前言ったあのことを気にしているのか?
飽きられたのかな・・・

復縁したい気持ちが強ければ強いほど、感情的になる事が多く
その状態で別れた本当の理由を見つけるのは難しいと思います。
しかし、相手は元彼女、全くタイプが違う、生理的に無理、ではありません。
復縁するために冷静になって別れた原因を考え、その原因を取り除かなければいけません。
原因解明は復縁への一歩です。

変わった自分を理解してもらう

自身の反省点、別れた原因が理解できたら
元カノへ変わった自分を理解してもらう事が必要です。
ここでの注意点はいきなり変わったから復縁しようと
いきなり猛アピールをしすぎることです。

いくら元恋人だからといって、一度別れた人ですから、あせりは禁物です。
元カノからみたら「何がかわったの?」って言われかねません。
はやる気持ちはあると思いますが
復縁を考えるにあたって、自分の気持ちだけを一方的に相手に押し付けても
一度ズレた気持ちは簡単には元に戻りません。
一方的に押し付けても相手が理解してくれるどころか
余計に離れていくことが多いでしょう。

相手に対する気持ちは大切ですが自分中心の考え方はしないで
一度、元カノの気持ちを考える事と、タイミングを大切にしましょう。

復縁プロジェクトを共に考える

別れてしまったけれども、本気で復縁を望んでいるからこそ
復縁プロジェクトを組み、一緒に復縁を実現させましょう。
恋愛の厳しさや復縁の難しさを知り
多くの御相談を受けている弊社の実績あるスタッフが復縁までの間
親身になって考え、最高のプロジェクトを遂行していきますので
共に復縁というゴールに向かっていきましょう。

弊社では、依頼者様の話しだけではなく
対象者の事前調査を行い、入念な打ち合わせのもとプロジェクトを決めていきますので
対象者の性格、環境に適した復縁方法を共に考えていきます。
対象者と復縁できるようにキッカケを作り
復縁に繋がるように対象者とも良い関係を作らなくてはいけません。

まずは入念な打ち合わせが必ず必要ですので
あなたが叶えたい復縁方法があるならぜひお聞かせください。
本気で復縁を希望なら、復縁は夢ではありません。

元夫と復縁する方法
夫婦として復縁する為に

離婚の原因で一番多いのは何なのでしょうか?
答えは、性格の不一致です。
しかし、そもそも夫婦でなくとも男女間
友人間ですら性格が完全に合うなどということはありません。

当たり前と言えば当たり前のことではありますが
恋愛関係にある二人や夫婦間では
人と人が付き合う基本を忘れてしまうことがよくあるのです。

考え方を近づける

性格の不一致が当たり前であるように、お互い別の人間である以上は個性があり
考え方に相違が出てくるのも当たり前のことです。
しかしながら、ここから関係が悪化したり、離婚の原因となっていることが多いのです。
従って、復縁をする、再び夫婦関係を築き、共に暮らしていくことを願うのであれば
この考え方の違いを修正していかなければ同じ事の繰り返しになってしまいます。


まずは離婚の原因を正確に分析し、相手の現在の心情や環境を把握して、
二人の関係を復縁にもっていくには何が必要なのかを考えなければいけません。
また、すでに離婚してしまったとしても、一度はお互いが愛しあい
永遠の愛を誓い結ばれた仲なのですから
必ず復縁に繋がるポイントもあるはずです。

その事実を常に頭に入れておくことで、復縁の過程で必ずと言っていいほど
出てくる不安に打ち勝つことが出来るかもしれません。

そして、もっと離婚した相手のことを考えられるようになり、思いやりも持てるはずです。
相手に必要な自分として、復縁に向けて動いていくことが重要なのです。

相手を思いやる気持ちを持つ

自己中心的な考えで復縁を進めても失敗するだけです。
相手の気持ちを考え、思いやってあげなければ、気持ちに温度差やズレが出て、
元夫婦だった時と同じようなことになる可能性が高いからです。
自分が復縁をしたいという気持ちが強く、先走りすぎて、自己中心的な行動や言動で
相手にとって迷惑と感じる行動をとることが多くはありませんか。

本気で復縁を望むのならば、相手に自分の元へ戻るよう求めるばかりではなく
自分がまず変わり、相手が戻りたいと思えるように成長しなければならないのです。

自分を変えるのは簡単

他人の性格や考え方を変えるのは大変難しいことです。
結果として、相手の今までの生き方や生活などを否定しなければ
いけないような場面も出てきたりするからです。
自分が変わるのはどうでしょうか。


自分の心の持ちようで、いくらでも新しい自分に変わることが出来るのです。
確かに、プライドや今までの人間関係、環境などに気持ちの比重を置いてしまうと、
なかなか変えにくいのかもしれません。
しかし、今自分にとって一番比重を置くべきものが復縁であるのならば、
大切なあの人とまたやり直すことが一番大事なのであれば、
そういったしがらみは簡単に捨てることが出来るはずだと思います。


例え、別れを切り出してきたのが相手でも
相手が他の異性に惹かれて離婚することになるなど、
離婚に関して相手に大きな要因があるとしても
自分にも必ず足りなかった所があるものです。
相手の求める何かを満たすことができなくなった、満たすことが出来なかった、
そういったところも離婚の原因の一つであるのです。
この場合、相手が求めているものを満たすことが出来ていたらと考えることができます。

まずは自分の短所や弱い処を把握し、改善していくところから復縁は始まります。
また、短所の改善と共に長所も伸ばしていきましょう。
時には短所が見えなくなるほど長所を伸ばすことで
結果として改善につながることもあるのです。

結婚する前、相手が自分に対して魅力を感じてくれたところを伸ばして行くことが良いのです。
夫婦として長く良好な関係を続けることは
同時に恋愛の努力をしっかりと続けていくことでもあるのです。

辛くても自分と向き合い、また同時に相手のことも理解する。
この基本さえ間違えなければ
十分復縁してまた夫婦としてやり直していくことは可能なのです。

よくあるご質問
相手を冷静に見て、自分自身を見つめ直す

別居をして感じる孤独感や生活苦、一緒にいるのが当たり前になってくると、
お互いの良いところが見えなくなってきます。
しかし、そうした一時の感情も、別居して初めてお互いの存在の価値がわかり、
その大切さに気づいていきます。

別居してからの復縁を望むなら、まずは相手を冷静に見て、何がキッカケで、
何の為に別居になったのか、今自分はどうしたら良いかを考えてみてください。
現在別居しているなら考える時間はたくさんあるはずです。
相手の事を考えるのは、自分自身を見つめなおすことにもなります。

復縁への道

別居になる理由として多いのが、性格の不一致や、離婚までは考えていないけれど
一旦距離を置いてお互いを見つめなおしたいなどが多いかと思われます。

考え方のズレを修正、変えていく

別居にいたる経由を考えていくと、小さな事の積み重ねだったりします。
しかし1つ1つは小さくても、相手にとっては積み重ねた物ですから
大きくなっている事は間違いありません。
簡単に考えていると、復縁からは遠くなる一方です。

相手の考え方を考える。相手を理解する事。
相手を理解してあげることで考え方の違いが見えてきます。
相手を理解できれば、意見の違いはあっても大きな問題にはなりません。
現在別居をしてしまい、復縁を望むなら、相手を理解したうえで
考え方のズレを修復してください。
理解さえしていれば自分が大きくかわる事はないのです。
相手を理解していること自体が 「大きく変わった場所」 なのです。

 ○相手の気持ちを尊重し、自分自身に気持ちの余裕を持つ
 ○子供がいる場合2人だけの問題ではないので、親として子供に対しての責任感を持つ
 ○浮気や不倫が原因の場合、信頼してもらえるように努める
 ○借金などの金銭トラブルの場合、借金返済をする、正確な返済プランを考え実行する
 ○相手の友人や親戚などの反対意見に負けないように印象の回復に努める

など、復縁を成功させるにはさまざまな事を考え、実行していかなければなりません。
別居していたとしてももともとは
恋愛をして一緒に住む事になっている事は間違いありません。
2人にしかない思い出などがたくさんあると思います。

2人で過ごした時間を思い出し、共に感謝しあい思いあう事を考えてください。
あなたにとって、別居中の相手はかけがえのない人であり
あなたにとって財産である事を忘れないでください。
復縁を望むのなら、相手を理解し、ズレてしまった、関係を元に戻す事を心に誓い
相手にとってもあなたがかけがえのない人だと思われるように行動しましょう。

相手を尊重する

別居する際には、なぜ別居をするのか理由を聞いているはずです。
しかし注意が必要なのは言われた理由が
必ず本当の理由ではないかもしれないという事は注意してください。
別居の本当の理由は、本人しか解からないのですが
別居した原因をしっかり考えれば本当の理由も理解できるはずです。

復縁を求める気持がいくら強くても、原因を理解していなければ反省しても
あなたが変わっても結果はでません。
まずは相手の考え方を相手の立場に、気持ちになって考えてください。

別居は悪いイメージなどが多いようですが、そんな事はありません。
離婚する為の別居ではなく、復縁するための別居だからです。
もともとはお互いに惹かれあって一緒になった訳ですから
考え方を変えれば、別居をする事で、お互いの本当の大切さに気づいたり
自分を見つめなおす、相手を見つめなおす事により
今まで以上に相手にとって大切な人になれるのだと考え方を変えていきましょう。

まずは自分を見つめなおし、相手を尊重し、言葉ではなく気持ちを伝えるようにしましょう。

相手にとって必要な自分になる

相手から見ればあなたは理想からかけ離れている訳ではありません。
キッカケがあって別居を決意した訳ですから
そのキッカケを見つけて、直す事に努め、新しいスタートができるようにしていきましょう。
同棲するのはもともとは他人です。全く同じ考え方の方が珍しいと言えます。

しかし、他人だからこそ一緒にいてうまくいくものなのです。
復縁をするにあたって、あなたが変わる事も大きなポイントになります。
自分自身の長所を伸ばし、短所を少しづつでもいいので直す努力に努めましょう。
ここでの長所は、自身が思う長所ではなく、別居相手から見たあなたの長所を探していきます。

付き合っているとき、もしくは付き合うときなどに相手から
「こんなとこが好き」「こういうところに惹かれた」など聞いたことがあるかもしれません。
または付き合っている間、付き合う前、同棲している時などに自分の良い所などを
聞いた事があるかもしれません。

外見的にも内面的にも変わった自分を作ることが復縁にかなり効果的なので
復縁プロジェクト実行の際にはその時とは変わった自分も演出できます。
相手にとって必要な人になっていれば復縁の確率は必然的にあがります。